勢いだけで債務整理をしたらデメリットに気がつくことができなくなる

勢いだけで債務整理をしたらデメリットに気がつくことができなくなる

昔から迷ったら必ずと言って良いほどダメな方をやりがたっている。

 

 

 

言わせてみれば急ぎすぎて何もできなくなってしまうのだ。波があるのは当然の世界の中ですぐに次の種を蒔いておかないとダメになる。

 

 

 

おそらくだが、自転車で15分もあれば付くよなという判断がわかってきた。

 

 

 

後は体調との闘いになるだろう。土日を経験することで平日のありがたさをよりわかるようになってきた。

 

 

 

4月は思い切って狙いとしては20以上を目安に可動をしたいと思っている。始められるってありがたいよなと今になって思う。

 

 

できるなら200本ぐらい仕込みたいところだけど、予算との兼ね合いもあるのでなんとも言えないな。

 

 

 

私の姑さんは、やっぱり私と合わないところが多く、そんな中でも一番困るところは台所に台フキンがないところなんですよ。

 

少し前まで同居していたんですが、台フキンはなれた状態で少したつと雑菌が増殖してしまうのでよくないということでありませんでした。

 

でも私も使うので、台フキンを濡らして使っていたら、必ず乾燥させてが押し込まれるんですよ。

 

とても頭に来るんですが、私が何も言わなくても必ずこの後に姑はある人から怒られてしまいます。

 

それは自分の旦那さんの舅さんは絶対に台の上に、台フキンがないと怒ってしまうので私が何も言わなくても、別の人が怒ってくれるからいいんです。
けれども怒る人がいなければいわれない限り、絶対に直しこまれているのでやっぱり不便な家なんです。

 

それではどうやって台の上を拭いているのかというと、毎回キッチンペーパーがティッシュペーパーなどの使い捨てのものを利用しています。

 

私はこれがいやなのでやっぱり反抗して、台フキンを持ってきます。

 

 

 

私の母が65才の誕生日を迎えました、いつまでも元気で家族のために動き回る母親は私にとっても良い目標の一つです。

 

いつかはあんなふうに明るく元気に、自分の趣味までもこなすような女性になりたいと思います。

 

そんな母親に対してのプレゼントはなかなか難しいので、日を改めてから私たち姉妹で話し合って渡したいと思います。

 

前回はかなり高級なエプロンをプレゼントしたので別のものにしようと思いますが、本人は何か欲しいものがあるかもしれないので、私の妹にリサーチしてもらっているところです。

 

 

自己破産費用ならではの考え方を重視するのも方法論としてはありますよね。

 

 

結局さ、、債務整理にしたって借金にしても、ストップをしない限りは永遠に持ち付けることになる。かなりのリスクが生じることは間違いないのだけど、皆安い間に買っておきたいのは理想論の塊だと思うんよね。

 

 

 

何を上げても喜んでくれると思いますが、節目のような年なのでできることなら記念に残るようなものをあげたいと思っているのです。

 

こんな時に限って、私は以前デパートに勤めていたというのに何を上げていいのかさっぱり分からなくなってしまいます。

 

今度の大型連休までに準備をしようと思っているので、私たち姉妹で考えながら母が喜びそうなものを準備したいと思っているところです。